文学女子に食べられる2


【文学女子に食べられる2】無料ネタバレ<そっけない彼女>

冴えない学生の主人公男子。文学サークルでいつも読書をしていた時に図書館でおなじようにいつも読書をしていた大人しい彼女に恋をしました。そして彼女に誘われて飲みにいき彼女の部屋へ、彼女部屋で童貞を奪われて放心状態になる主人公男子。ココまでが文学女子に食べられる1でのお話です。

ここからが文学女子に食べられる2のあらすじとなります。
ネタバレあります。

主人公はまた彼女に会いたいと毎日彼女の事ばかり考えていました。

学校で彼女に会うと以前の同じ様にそっけない態度をされます。仲良くなれたと思いこんでいた主人公はガッカリします。気になってしょうがない主人公は彼女にメールします。

すると・・

彼女から1通のメッセージが届いていました。

「先輩・・・私内緒の関係が好きなんです。だから、外では今までどうりでお願いします」

「それに先輩の事本当に好きなので、ゆっくり少しずつ丁寧にお付き合いしていきたいんです」

「だからしばらくは仲良くするのは週に1度だけを素敵な時間にしましょう」

主人公はこのメールを読んでホッとしました。

彼女は本当に今までどうりに振る舞い、主人公とは話しません。

外では一切相手にしてくれず、不安でソワソワする1週間がはじまりました。

外では全く反応を見せない彼女に不安になり、あの時のセックスの事が毎日頭にフラッシュバックしてくる主人公

心身の火照りが収まらず、毎日トイレへ行き一人でオナニーをしていました。

主人公は自分の自身の無さと、不安でもうこれっきり彼女とはセックスできないじゃないかと情緒不安定になっていきます。

期待と不安が入り混じる毎日を過ごす主人公。

そしてようやく一週間が過ぎました。

不安で悶々していた主人公の元へ、彼女からメールが届きます。

「今日の夜、待っています」
「また私の部屋で」

メールをみてホットすると同時に彼女の事を思い浮かべドキドキし出します。

そして夜になり主人公は彼女の部屋向かいます

文学女子に食べられる2<あらすじ1>はココまでです。

【文学女子に食べられる2】<再び彼女の部屋へ>

文学女子に食べられる2のあらすじを引き続きご紹介します。ネタバレあります。

彼女と初めてのセックスを経験した後、学校で彼女に会うと全くそっけない態度を取られた主人公男子。メールで学校では今までどうり他人同士で過ごして1週間に1度だけ私の部屋で会いましょうと言われ、1週間待ち続けようやく彼女の部屋へ向かう主人公男子。

彼女の家を訪ねてみると、彼女の部屋に招かれます。
ドアを開けると彼女が待っていました。

彼女は主人公をじっと見つめた後に抱きつきます。
顔を真っ赤にして喜ぶ主人公。
既にドキドキして緊張が止まりません。

後輩彼女は抱きつきながら話します。

後輩彼女
「先輩、不安になりましたか?」

主人公男子
「ぼ、僕は・・」
「うぅ・・・・」

ドキドキして言葉に詰まる主人公

後輩彼女
「先輩」
「私コノ一週間」
「先輩からの可愛いメッセージが来るたびに」
「あの可愛い先輩の事を思い出して」

「毎日一人でシテたのよ♪」

「先輩はどうでしたか?」
「毎日ひとりでしてましたか?」

「先輩、今日も可愛い姿をいっぱい見せてくださいね♪」

後輩彼女は耳元でささやきます。

後輩彼女
「この前よりも」
「もっとずっと気持ち良くして・・・」
「可愛がってあげますよ♪」

そいうと後輩女子は顔を近くに寄せてキスをします。

主人公男子はドキドキして顔が真っ赤です。

先輩男子
「僕だけに見せる彼女の表情」
「そして声」

「彼女の声はいつもか細く」
「彼女のしぐさはゆっくりでやわらかく」

「そのすべてに深い愛を感じる」

「安心だけではなく慈愛に満ちたような」
「僕の事を全て受け入れてくれて」

「そして誰にも見せられない事をしてくれて」

彼女に優しく手を引かれ
主人公は彼女のへの奥へと進みます。

【文学女子に食べられる2】<あらすじ2>再び彼女の部屋へはココまでです。

文学女子に食べられる2


【文学女子に食べられる2】無料ネタバレ<再び犯されてる>

文学女子に食べられる2のあらすじを引き続きご紹介しています。ネタバレがあります。

1週間彼女に会う事を我慢した主人公は彼女の部屋へ行きます。

彼女の部屋を訪ねると、彼女は主人公を抱きしめてキスをして向かい入れてくれました。

彼女に手をひかれ部屋の奥に入る主人公。

そこには主人公を犯すための大人のおもちゃがたくさん用意されていました。大人のおもちゃをが目に入った主人公はドキッとします。

彼女と一緒にベットに座る主人公。
緊張してドキドキしている二人の鼓動が部屋に鳴り響きます。
しばらく二人は固まったまま動きません。

主人公の男子
「僕は用意された道具を目の前に、あの人同じ様に彼女のベットに座らされている」
「彼女はそのまま静かに僕にくっつき、手をにぎってくれた」
「ああ、まだ何もされていないのに愛無されているかの様な手の感触」
「既に10分は経過した?いや1時間?」
「僕は極度の緊張で時間感覚が無くなっていた」

彼女は僕の背後で服を脱ぎ始めた

「プチ・プチ」

ブラを外す音がする・・

彼女の綺麗なDカップ程度のバストがあらわになる。
彼女はそのまま主人公男子の背中におっぱいをおしつけて抱きつく。

主人公男子は顔を真っ赤にして恥ずかしそうにする。

彼女は嬉しそうな顔で主人公のシャツを脱がしはじめる。
そして彼女の言葉責めがはじまる・・

後輩彼女
「先輩、この間は」
「私にエッチな事を一杯されて」
「責められて、かわいく喘いで」

「まるで女の子みたいでしたね」

「そんな先輩の事だから、きっとココも好きですよね?」

主人公の乳首や耳を愛無開始。

乳首を触れた主人公男子はビクッと感じはじめる。
後輩彼女は指に唾液を付けて、丁寧に先輩男子の乳首を責める。

後輩彼女
「先輩、乳首いじられるの・・好き?」
「素直に言って♪好きですって」

主人公の頭の中
恥ずかしいから・・
恥ずかしいから・・

後輩彼女
「言って」
「私の事」
「好きですって♪」

主人公男子
「・・好き・・です・・」

顔を真っ赤にして恥ずかしそうに言う先輩男子。
彼女はその言葉を聞くと嬉しそうに興奮し出す。

後輩彼女
「あぁ・・可愛い」
「先輩可愛い♪」

「いっぱい、いっぱい食べてあげる♪」

興奮した彼女は主人公に抱きついてディープキスしつつペニスをしごきます。
ペニスしごきを継続しつつキスから乳首舐めへ。

ギンギンになった先輩男子のペニスを嬉しそうに眺めると、後輩彼女は騎乗位でゆっくりと生で挿入。

にゅる!
ズボ!

後輩のオマンコに先輩の肉棒がすっぽりと入ります。

すると後輩女子は先輩の両手をおっぱいにひっぱり握らせます

後輩彼女
「私のも触って」
「もっと好きにしていいのに・・」

「うん、そうそう」
「もっとめちゃくちゃにしていいのよ・・」

「あぁ・・あぁぁぁぁぁ」

二人の喘ぎ声が部屋に響きます。
彼女は騎乗位で腰を振りながら先輩の乳首を舐めまわします。

騎乗位でディープキスしつつ
指で乳首責め
おっぱいは手で握らせます。

そうしていると、とうとう主人公の男子が絶頂をむかえます。

主人公男子
「あぁぁぁぁぁ・・」
「あぁぁ・・イクっ・・」

主人公は気持ち良すぎて頭がいっぱいです。

ドピュ!

そしてついに後輩女子の膣内に中出ししてしまいます。

ドクドク

後輩女子の膣内に主人公男子の精子が放出されます。

後輩彼女
「あぁぁ、私の中に先輩の精子がいっぱい」

騎乗位でハメたまま先輩とディープキスをして抱き合います。

後輩彼女
「可愛い♪」
「ああ、可愛い♪」
「先輩もういっちゃうなんて・・いけないこ・・」

【文学女子に食べられる2】<あらすじ3>再び犯されてるはココまでです>>

文学女子に食べられる2


【文学女子に食べられる2】ネタバレ<続く絶頂>

文学女子に食べられる2のあらすじ3の続きをご紹介します。ネタバレあります。

彼女の部屋で再び犯される主人公の男子。

騎乗位で責めてくる彼女に興奮してあっと言う間に中出しして果ててしまいます。

主人公男子
「腰が抜けそうな程に気持ちいい射精・・」
「彼女の中に思い切り出して頭が真っ白になっていると・・」
「彼女はあの夜と同じように、僕の両腕を後ろに拘束し・・」

今度はピンクローターを持ち出して電源をいれる後輩彼女
ブイ~ン

後輩彼女
「先輩・・?」
「一度イッタ後は・・」
「乳首・・もっと敏感になって・・」
「気持ちいいですよ♪」

楽しそうな顔をした彼女はピンクローターを主人公の乳首へ近ずけます

「ブィィィィィン」
「ブィィィィィン」

部屋に鳴り響くピンクローターの音
主人公はピンクローターを乳首にあてらて

ピクピク
ヒクヒク

どうやら感じているようです。

後輩彼女
「乳首だけじゃなくて・・一緒に♪」
「ここの奥も・・」

ちんぐりがえしをして
アナル舐めをしながらテコキをして
もう一方のてで乳首へローターをあてます

主人公男子
「彼女が僕のそんな所まで・・」
「愛おしそうに・・」
「幸せそうに・・舐めている」

想像もしていなかったその行為に抵抗感よりも頭がおかしくなる程の快楽を感じていた。

今度は・・
ローションをつけたバイブを用意する彼女
それを主人公のアナルに挿入。

ギンギンに勃起する主人公

アナルをバイブで刺激しながら、おっぱいを乳首にくっつけて刺激しつつディープキスをはじめます

後輩彼女
「一度言ったあとって・・」
「乳首と・・」
「お尻の奥・・」
「すっごく気持ちいいでしょ?」

「このまま先輩の大好きなお耳も食べたら・・」
「どうなっちゃうかな?」

彼女は耳元でささやきます。

ローターを首に貼りつけて
バイブをアナルにつっこみ
耳を舐め

責め続ける彼女

全身が全部甘く興奮して絶頂すぜんの主人公男子

主人公男子
「や、やばいっ・・」
「ヤバイ、コレ・・っ」
「あぁぁぁぁぁぁぁぁ」
「来る!」

ドピュ!

主人公はとうとう射精して絶頂に達してしまいます。
ペニスは全く刺激されていないのに射精してしまいました・・
彼女の凄まじいテクニックには驚かれます。

後輩彼女
「イッちゃいましたね・・」
「おちんちん全く触ってないのに♪」

「先輩・・」
「今日の為に用意した道具・・」
「まだまだしてあげたい事いっぱいあるんですよ・・」

主人公男子
「彼女は僕を一晩中・・」

今度は彼女は自分のオマンコにバイブを突っ込み、おっぱいをしゃぶらせながら主人公のペニスをしごきます。

彼女からの愛のこもったプレイの数々。
優しく導かれ心も体も開発され・・
誰にも見せられないようは恥ずかしいかっこうを見られて
それでもこんなに僕を受け入れてくれる彼女

シックスナインで彼女のマンコにバイブをつっこむ主人公

彼女も一番恥ずかしい部分をこんなにも僕にみせてくれて・・

彼女はまたフェラをします。

後輩彼女
「先輩の精子でいっぱい」
「こんなにしたのに・・」
「また元気になって・・」
「可愛い♪」
「可愛い♪可愛い♪可愛い♪可愛い♪可愛い♪可愛い♪」
「犯したい」
「犯したい!犯したい!犯したい!犯したい!犯したい!」

またギンギンになった主人公のペニスを騎乗位で挿入

「先輩好き♪」
「好き♪好き♪好き♪」
「好き♪好き♪好き♪好き♪好き♪好き♪」

彼女は腰を動かして感じています。

腰を振り続ける彼女にイキそうになる主人公。
絶頂に達してしまった主人公の精子がドクドクと彼女の中に流れます。

イッた後も腰を振り続けてディープキスを辞めない彼女。

主人公男子
「こんなに何回も逝っているのに感動下がるどころか、増してきている・・」

入れたままキスをしていると
出したばかりなのにまた勃起してくる主人公

後輩彼女
「犯して♪」
「私に犯されながら犯して」
「犯して♪」
「イカせて♪」

今度は正常位で主人公男子が上になります。

主人公男子
「責めているのに責められている・・」

乳首にローター。
アナルにバイブ。
前立腺を手で刺激されながら正常位で腰をふる主人公男子。

僕は彼女にいわれるがまま1週間つもりにつもった気持ちをぶつけあった
必死に彼女の膣に腰をぶつけた

そんな僕の顔を愛おしそうに見つめる彼女

彼女のはじめてみせる
凄く感じている表情を初めて見て

嬉しくて興奮してしまった

そしてまた絶頂に達する主人公

文学女子に食べられる2のあらすじはココまでです。

文学女子に食べられる2