僕の妻と絶倫元AV男優部長!無料ネタバレ<巨チンが大暴れ>

僕の妻と絶倫元AV男優部長!無料ネタバレ。あらすじ

僕の妻と絶倫元AV男優部長の無料ネタバレをご紹介します。

僕の妻と絶倫元AV男優部長に興味を持たれている方は、この機会にご覧になってみてください。

主人公はそんなにパッとしない仕事ぶりのサラリーマン、いつもウダツが上がらず上司の鬼頭部長にはいつも圧をかけられアップアップする毎日。

そんな、苦しみも帰路につけばもうおしまい。自慢の妻が出迎える我が家にまっしぐら。その巨乳に飛び込めるのだから。

彼女は見た目の派手さとは真逆な清楚で従順な性格で料理も得意だ。いつも鬼頭部長に罵倒されるたび彼女の巨乳を思い出し、自分は絶対勝ってるからと言い聞かせるのだ。

あつ日残念なことに鬼頭部長が妻の存在を知ることとなる。噂ばかりではなく、目をつけたらどんな女も落としてしまうその凄技は、AV男優時代に生活の術として身につけた筋金入りのハイテクで、とても自分なんぞは及ばない。

自分のリストラをチラつかせ妻と一度2人きりで会う機会を設けるよう迫ってくる。会うだけなら、それでリストラを免れるなら、妻もその方がいいに決まっていると自分をふるい立たせて妻に懇願し承諾を得て合わせる運びとなる。

2人きりになった、妻と鬼頭部長。いったいどうなるのか?何をされるのか?妻を信じるしかないと思おうにも思えない自分。

あのあらゆる巨乳を落としてきたという噂は事実に決まっているのだ。妻は俺のために全裸にされて風呂場で押し倒され。徐々に鬼頭のAVの世界にいざなわれて行く。

僕の妻と絶倫元AV男優部長!無料ネタバレ。みどころ

僕の妻と絶倫元AV男優部長の無料ネタバレをご紹介します。

僕の妻と絶倫元AV男優部長の見どころはココです。

「話は聞いてるよね」

「あっ、はあ」
「2人きりになれて本当に嬉しい」

「えっ」

「彼、ご主人ね、いつも、頑張ってはくれてるんだけど、このままだとちょっと」
「はい、すみません」

「あなたが、頑張るかどうかですよ、彼のこれからが決まるのは。ということだからね。いいね」

鬼頭部長が彼女の太ももに手をすべらせた。

「えっ、やめて下さい」
「いいの、ご主人がどうなっても。まず、足を開こうかそのままでいいから」

彼女は足を少しずつ広げ始めた。長いまつ毛が下を向き目は見えないが、涙ぐんでいるようだ。

「いいよ。それで、もっとね」
「見に行くからそのままでいいからね」

鬼頭部長は彼女のスカートに頭を突っ込んだ、
「キャー」と彼女が後ろに倒れた。

「何だ自分で倒れちゃった、やっててことか」
「違います」

彼女は力のかぎりで起き上がって、口の中に手を入れて涙ぐんでいる。

「まず、いやらしい胸から見てあげるからな」

鬼頭部長はボタンを引きちぎって彼女の胸をピンクのブラジャーの上からもみほぐしていった。
「あっ」

「そうその声だよ」

と言ってブラジャーも外し、顔を胸にうずめて、ピンク色のチクビをペロペロなめてあげた。
「あっ、あっ」と声はますます大きくなる。

「ご主人に聞かれたら大変だ、そんないやらしい声」
「もう、気持ちよくなりたいんです」

結構早く彼女がこっちに来てくれた。

「髪が本当に色っぽい」
耳を舐めながら鬼頭部長が言った

「下の毛も見たいな」

というと、彼女の方からスカートもパンティも脱いで俺の顔の前で仁王立ちになった。

「お願いします」

と俺の手を取りヘアに持って行った。その後はもう、グチョグチョになるまで、触らせてくれて、俺のにもしてくれた。

俺も彼女もあいつのことはすっかり忘れてお互いに翻弄されていった。

僕の妻と絶倫元AV男優部長!無料ネタバレはココまでです。