【元ヤン妻が堕ちるまで】無料ネタバレ<巨乳人妻を犯す>

元ヤン妻が堕ちるまでのあらすじ。ネタバレあり

【元ヤン妻が堕ちるまで】のあらすじをご紹介します。

スタイル抜群の元ヤンで人妻の主人公は、ある日街中を歩いていると、二人組の男にナンパされる・・・。

男A
『おい!見ろよあの女!スゲーいい体してるぞ!』

男B
『顔はどうだった?』

男A
『体に見とれて見てなかった、「でもあのスタイルならきっといい女だって!』

男B
『よし!声かけるぞ!』

男A
『すみません!お姉さんちょっといいですか?』

元ヤン妻
『ああ?・・・なんだお前ら?私に何か用か?』

男AB
『すっすみません!失礼しました!』

元ヤン妻
『・・・・・?』

その晩、夕食中に旦那にナンパをされたことを告げると・・・。

旦那『ふふん!粧子がその元ヤン丸出しの態度で威圧したんだろ!』
元ヤン妻『はあっ!?そんな事してねーよ!』

旦那『その目つきその喋り方普通にしてたって怖いんだよ!それに、また異常に露出度の高い服で出かけたんだろ?そいつらも最初はヤリマンと思って声かけたんじゃねーの!?』

そこで元ヤン妻はブチ切れた。

元ヤン妻『うるさい!!自分の嫁をヤリマン呼ばわりしやがって!殺されないだけありがたいと思え!!』

それから翌日、元ヤン妻が街を歩いていると、また見知らぬ男に声をかけられ『ああああっ!?』とまた返答してしまった。
しかし、声をかけてきたのは、芸能プロダクションを名乗る男だった。

夫婦喧嘩のあとで、旦那に一泡ふかせようと思い、その誠実そうなスカウトの話に食いつき、そのまま撮影するという口実で、事務所に・・・。
そのまま撮影は進み、ひと段落。

すると突然、男は彼女の上に乗りかかってキスをしてきた。元ヤン妻は必死に抵抗するも、徐々に男に体を委ねてしまう・・・。

【元ヤン妻が堕ちるまで】の続きを無料で読むならコチラ>>

元ヤン妻が堕ちるまでの感想。ネタバレあり

【元ヤン妻が堕ちるまで】を読んでみた感想をご紹介します。ネタバレあります。

【元ヤン妻が堕ちるまで】の興奮するポイントは、元ヤン妻は気性が荒く、露出度の高い服を着用しているのにも関わらず、旦那としか経験がないというウブなキャラ設定であるというところ。露出度の高い服装をしている理由も、旦那が喜んでくれるからという健気な理由には思わず、笑みが溢れてしまう。

ツンデレというか、このような見た目とのギャップのある女性は可愛らしくていいですよね?

それでいて、とてもグラマラスな肉体をしているというから、ニヤニヤがとまりません。

【元ヤン妻が堕ちるまで】は肝心な描写も、大人の恋愛マンガのような色気のあるタッチで描かれていて、元ヤン妻の粧子がスカウトの男に押し倒されるシーンでは、根は真面目で旦那以外の男に目もくれない彼女が、少しづつ旦那以外の男に、メスにされる描写はかなり興奮します。

くちゅ・・ぐちゅ・・くちゅ・・・。
んんん・・・・・。んっ・・・。

【元ヤン妻が堕ちるまで】はスカウトの男と交わるシーンでは、汗ばんだ体と、唇を交わす粧子の唇が少しづつ受け入れていく描写にかなりムラムラしました。女性のギャップにはかなりの魅力があります。元ヤンで露出が高い服であまり経験のない、旦那思いの一途な女という、最強にギャップが詰まった今作は、多くの男性の肉棒を魅了させてくれる事でしょう。

【元ヤン妻が堕ちるまで】の無料試し読みはコチラ>>